プロフィール

近藤 洋介 (こんどう ようすけ)

昭和40年(1965年) 5月19日生まれ
昭和59年(1984年) 山形県立山形東高校卒業
昭和63年(1988年) 慶応義塾大学法学部法律学科 卒業
同年 日本経済新聞社 入社
編集局産業部(機械、貿易、運輸省)
同  経済部(通産省、日銀、農水省、建設省・国土省)
平成10年(1998年) 日本経済新聞社を退社
平成11年(1999年) 社近藤洋介事務所を開設
平成12年(2000年) 山形県2区より衆議院選挙に無所属で出馬。
77,491票 次点
民主党山形県第二区支部長
平成15年(2003年) 山形県2区より衆議院選挙に民主党公認で出馬。
106,846票 初当選
平成17年(2005年) 山形県2区より衆議院選挙に民主党公認で出馬。
117,211票 当選(2期目当選)
平成21年(2009年) 山形県2区より衆議院選挙に民主党公認で出馬。
166,287票 当選(3期目当選)
経済産業大臣政務官に就任
平成22年(2010年) 経済産業大臣政務官に再任
党統括副幹事長(政調担当)に就任
平成23年(2011年) 党国民運動委員長に就任
平成24年(2012年) 経済産業副大臣に就任
現在 衆議院内閣委員会筆頭理事、経済産業委員会委員、
地方創生特別委員会委員、民主党国会対策副委員長

主な経歴

内閣 経済産業大臣政務官
経済産業副大臣
衆議院 経済産業委員会筆頭理事
東日本震災復興特別委員会理事
『次の内閣』経済産業大臣
統括副幹事長
政策調査会副会長
国会対策委員会副委員長
税制調査会副会長
党国民運動委員長
編著 日米貿易摩擦ミクロの深層(日本経済新聞社)
官僚 軋む巨大権力(同)
家族 妻、長男(地元高校3年)、長女(地元高校2年)、
二男(地元中学1年)
住所 山形県米沢市館山
血液型 B型
モットー、好きな言葉 「現場主義」「信なくば立たず」
尊敬する人物 福沢諭吉、父 、W・チャーチル
趣味 読書(乱読) 人と会うこと
一番大切なもの やはり家族でしょうか
印象に残った本 「竜馬が行く」「職業としての政治」
好きな食べ物 なす漬、ラーメン
嫌いな食べ物 特になし
得意なカラオケ サザンオールスターズ 吉幾三
1ヶ月間休みがあったら アジア各地を訪ねたい